三十代未婚男性会社員のJメール体験日記

今ではとても仲良しで、エロエロなセフレであるMさんと出会ったのはJメールがきっかけでした。
Jメール自体は、とある日、仲の良い友人と「セフレでも欲しいな」と話していたところ「じゃあ、Jメールとかいいんじゃなーい」と言われて調べてみたのが知ったきっかけです。
それから、検索してJメールを発見。そして、セフレ募集を見て運命のセフレ(笑)であるMさんに出会いました。

相手のMさんも出会い系サイトを使うのは初めてだったらしく、最初は騙されていないか、とにかくとても不安そうでした。
とは言え、それは自分も同じことで出会い系に関しては色々悪いことも聞いていたのでとにかく不安で、美人局とかじゃないかととても不安でした。

とりあえず、セフレ目的だとは言え、流石にいきなりホテルに行くのはなんだか気が引けたので最初は適当な喫茶店に入ってしばらく会話。
話を聞くと、相手のMさんはなんと二十六歳にしてすでに未亡人。
詳しく話を聞くと、どうやら夫のHさんは交通事故で死んだようでした。

喫茶店を出てからは、ホテルへ行き激しく前後。
夫が死んでからというものの、毎日いやらしく火照る体を持て余していたとホテルのベッドで語ってくれました。
感想は、とにかくエロくて若くて、中々のよい感じの見た目。流石に超一流の美人というわけではなかったですが、それがかえってよかった。
それに未亡人だけあって、テクニックもかなり高く、今まで風俗で高い金を払っていたのがバカバカしくなるほどでした。

そして、それからも主に休みの日に会い続け、今では彼女は私の立派なセフレに成長しました(笑)
まあ、あくまでセフレなので他にも相手がいるかもしれませんが(笑)
最近では、少々アブノーマルなプレイにもつきあってくれて、鞭でぶっ叩いたり、ロウソク使ったり、逆に使われてみたりとマンネリ化もなく楽しく会う日は楽しんでいます。

とにかく、Jメールのことを教えてくれた友人、そしてこんな素敵な出会いを与えてくれたJメールに感謝です。

三十代未婚男性 会社員